岐阜市議会議員 - 田中まさよし - のブログ

2017年09月08日

電力随意契約問題を監査請求

 私がことし3月議会で指摘した岐阜市と中部電力(株)との
約51億円の一社随意契約問題について、岐阜市黒野の別処雅
樹氏が住民監査請求を起こされました。

 新電力との合い見積もりはおろか競争入札も行うことなく、
中部電力の提示した低い割引率で3年間の契約を結んだこと
は地方自治法違反であり、新電力が入札に参加し落札した場
合との差額1億2880万円を市に返還するよう市長と前行
政部長に求めるものです。

 どのような結果が出るか楽しみです。
 9月議会でもこの問題を質していきます。

 新聞記事は「いろいろな情報」欄に掲載。

 写真上は監査委員事務局長に請求文書を手渡す別処氏(右側)
 下は、市政記者クラブでの記者会見。
 ともに無所属クラブの仲間が立ち会いました。
2017年09月02日

第24回全国市民オンブズマン和歌山大会

 2日~3日オンブズマン大会に参加してきました。毎年の恒例行事のひとつ
になっています。
 今回は「忖度の闇に光を!!権力のえこひいきをただす」をメインテーマに
和歌山県民文化会館で開かれました。参加者約200名。

 陸上自衛隊の日報問題や森友・加計学園問題で明らかになった公文書管理の
あり方や情報公開が一層重要な意味を持つことを議題とされました。
 また政務活動費や口利き、公共工事の落札率さらには各地オンブズマンの取
り組み報告がなされました。
 二日目は4つの分科会がもたれ、私は「えこひいき監視」分科会に参加。
 自治体における公文書としてのメール問題が大阪市での裁判例などを引き合
いにして議論されました。講師は森田昭弁護士と服部崇博弁護士。

 写真は、上から開会の辞を述べる阪本実行委員長。岐阜市の債権を包括外部監
査人として監査され、オンブズマン大賞を受賞された芝 英則弁護士。
 下は分科会の森田弁護士の講義風景。
2017年08月28日

大阪府寝屋川市へ・・・子どもの安心メールサービス

 大阪府寝屋川市へ現地研修に行ってきました。寝屋川市駅前商店街が子供の安全を見守る「お守りICタグ」の取り組みを8月3日より行うという毎日新聞記事を参考にしました。この商店街では2年前に中二の男女が殺害されるという事件が起こりました。この事件を契機として子供の安全、見守りの観点から「お守りICタグ」を作り、希望する子供に配布しています。
 写真のようにお守りを機械(商店街に3台設置)にかざすと、あらかじめ登録された保護者等の携帯にメールが届くようになっています。また、商店街ポイントが1点つきます。
 また、同時にお年寄りには「ふれあいカード」があり、商店で買い物をするとポイントがたまりますが、カードの目的は、このカードを30日間全く使用されないと市の介護室との連携でお年寄り宅を訪問する仕掛になっているのです。またお年寄りが何日前に買い物に来たかがわかり、体の調子などを尋ねることもできるのです。
 岐阜市においても商店街での活用が望まれるところです。

 商店街視察の後、近くの小学校と市役所に出向き、児童の見守りのためのシステムなどを聞いてきました。
「いろいろな情報」欄にパンフレットを掲載しています。
2017年08月27日

「第二回詠鼓個展 楽書展」

 ダウン症の浅井詠鼓(詠子)さんの書道展に行きました。書道歴も
5歳から始め27年を迎えるとのこと。達筆であることは言うまでも
なく、書く文字によりそれぞれの表情があり、感性の豊かさを感じさ
せる作品ばかりでした。昨年の岐阜市美術展では一般の部で初入選も
果たされています。

 書道ばかりでなくピアノ、リトミック、謡や鼓さらにはドラムもこ
なされるとのこと。並みの素養ではありません。
 会場には多くの方々がみえていました。お抹茶をごちそうになりま
した。
2017年08月26日

体育振興会8校区合同夏祭り&加納西小「学校キャンプ」

 今日は清水緑地で加納東西、白山、厚見、木之本など8校区の体育振興会
が合同で夏祭りをしていました。所狭しと各校区のテントが張られ、かき氷、
焼きそば、カレーなどが販売されていました。また、高校のバトンクラブチ
ームやフラダンスの人たちが観衆を前にステージで披露されたりと華やいだ
雰囲気が会場にあふれていましたよ。この夏祭りもすでに3回目とのこと。

 また、夕方からは加納西小学校グラウンドでPTA主催による「学校キャ
ンプ」が開かれました。児童と保護者が一緒になってカレーを作り、食べる
ものです。そして暗くなってからは花火大会なども開かれ、親子の触れ合い
を深める催しが企画されています。
 招待された人たち(私も含め)は校長室でハヤシライスをいただきました。
おいしいはずです。名古屋の調理師学校で教えていらっしゃる保護者の方が
作られたハヤシライスですから。
 子どもたちも仲良く車座になって、自分がつくったカレーをうれしそうに
食べていましたよ。
← 前のページへ | 次のページへ →